絵本らいぶ

No 1055 八月らしい選書かな?

2022-08-22

月いち開催の蒲原食堂さんです

八月と言うことで選んでみました、「戦火のなかの子どもたち」「わたしのやめて」は我が家にありましたが今まで一度も出番がありませんでした、この手のものは「読む力」が試されると思うからです

練習あまりしない、と言っている身なので読む力は弱いです、自分のキャラもあり苦手かなと感じていました

今日はその二冊に「せんそう」も加えての戦争絵本をそろえました、いつもの漫談調(と言われたことがある)は控えて読んでみました。意外といけるかな・・・

この「せんそう」という絵本、戦争の理由やその様があまりに今起こっている戦争を揶揄しているのではと思ってしまい、所詮戦争なんてこんなものかなと、それに振り回される国民や子どもたちはたまったもんではありません、この絵本をプレゼントしてやりたいくらいです

今日の食堂メニューは「精進料理」生臭い話はなしですね

合計 322 , 本日 1 


Comment





Comment