映画も楽しい

ようこそ映画音響の世界へ

2020-12-28

新潟市 シネウインド にて 「ようこそ映画音響の世界へ」
を見ました
映画を見ていて「音」に興味を持つ人達は結構マニアック
な皆さんだと思っていたのですが、これがまた結構な人数
の観客がいました、しかもドキメンタリーなんですが
お家で洋画を字幕のみにして音声を消して見てみると
大抵はつまならないと思います
映像と同じくらいに音は大事なのです
そんな音はどうやって作っているのか、舞台裏を
見せてくれるのです
特に興味がない人でも、こうやってあの音は作ったのか
などと知るとあの映画をもう一回、そしてあらたな楽しみ方
を知ることになるかもしれません
個人的に好きな映画で「地獄の黙示録」があります
今では当たり前になった「5.1CHドルビーサラウンド」
スクリーンの左右だけでなく後ろからも音声がでて
観客の周囲を包み込むというのは素晴らしい
本作では出ていませんでしたが、「大地震」という
映画が記憶にあります
こちらはスクリーン前、客席の真ん前にバカでかい
超低音用スピーカーを置いて、地震の場面では
観客の身体を超低音域の音で揺さぶるという斬新な
映画がありました、以後お目にかかっていないので
設備にコストがかかるので、なくなったのかもしれません
この方式はまさに「音響」が主役となった映画だと思います
本物よりもすごい、実際にはあり得ない、そんな音に
出会えるのは映画の醍醐味かなと思います

合計 72 , 本日 1 


Comment





Comment