「パパと絵本de子育て参加の会」
代表

絵本楽語家・福島はるおの
公式ブログにようこそ!
絵本講師として絵本講座・
絵本らいぶ・講演会を行っています
お家で毎日親子が絵本を楽しむ方法や、
絵本は子どもだけでなく
大人も楽しむ事ができます

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

絵本楽語家 福島はるお

ご依頼・お問い合わせ

福島はるお活動プロフィール

2022-06-15

絵本楽語家 福島はるお

絵本の楽しさ・必要性・絵本とは、などを伝える仕事をしています。
「パパと絵本de子育て参加の会代表」
この記事が常にトップとなります、最新投稿はこの記事の次から見てください

絵本講師とは

子育てをしている皆さんは「自分の子どもに絵本を読む」事は良い事だと知っています。
しかし現実には日常的に自分の子どもに絵本を読んでいるのは非常に少ない世帯だと言う事があまり知られていません。

なぜ我が子に絵本を読んであげた方が良いのか?
なぜ絵本を読んでいる親御さんが少ないのか?
どんな絵本を、どんな風に読めばいいのか?

実は難しい事ではありません
そんなお話をわかりやすく、楽しく伝えています。

絵本講座は様々な場所で開催いただいております。

スケジュールが合わない
開催地まで行けない

などの人向けにはオンライン絵本講座をおすすめします
30~120分と時間もご希望に合わせられます
zoom・FB・LINE など利用できます

【平成27年3月より4年間「国際こども・福祉カレッジ」にて非常勤講師】
保育士・幼稚園課程の学生さんに絵本授業
市民団体 「にいがた絵本セミナー」代表保育園・幼稚園・支援センターなど子育てをしている親御さん保育士・幼稚園教諭のみなさん・図書館など主催の絵本講座など多くの絵本に携わる皆さんに向けた絵本講座をしています。
主にこどもを持つ父母に我が子に絵本を読んであげてください、との話を、現場を体験した経験から講演をします。読み聞かせ活動をしたい人達に、その方法や心がまえなどを講演します。
これから幼児教育に携わる人達に子供にとっての絵本の大切さを講演します。講演・講座の時間は30~120分間など、相談させていただきます

大人が絵本を楽しむ絵本セラピー®
「絵本セラピスト協会認定・絵本セラピスト

絵本らいぶ

ゼロ歳児から上は上限のない年齢層の人達まで楽しめる絵本らいぶをしています。

◯保育園・小学校・中学校・公民館・デイサービスセンター
◯開放型ステージ・子育て支援センター・各種団体・図書館
◯居酒屋・レストラン・など。

どこでも可能

居酒屋・レストランなどでお酒を飲みながら大人が絵本を楽しむこともできます。

絵本らいぶを見た人からは「絵本はこんなに楽しいものだったのか」と言う感想を多数いただいてます。

絵本らいぶの形式

一人で生声で読みます、保育園の異年齢全員対象の絵本らいぶ
年齢別クラス・マイクを使わない絵本らいぶは保育園などの親子一緒の現場では100人以上でも楽しめます。

特定のグループに分けたクラス・母親・父親向け・高齢者向け・大人向けなど、いろんな形で出来ます。

ピアノ・ギターさんなどを入れた絵本らいぶ

歌付絵本を楽器をいれて読み歌います。
年齢対象は選ばず絵本だけで最大90分間の絵本らいぶが出来ます。

音響装置使用(スピーカー・マイクなどは持ち込み可能)

過去の実績はこちら

絵本講座のチラシは右側の項目「絵本講座チラシダウンロード」からPDFデータがダウンロードできます。

料金について

絵本講座・絵本セミナー講師
30000円(税別)
公共交通機関使用の場合は往復実費が必要です
高速道路での移動は目的地往復費用実費が必要
———————————————————–

絵本らいぶ

ピアノまたはギターさん付バージョン
40000円(税別) 移動費用は同上
———————————————————–

ふくちゃん一人バージョン

30000円(税別) 移動費用は同上
———————————————————–

絵本講座 個人版 (ひとりで受講)

10000円(税別)
出張の場合は新潟市以外は同上の移動料金
———————————————————–
行政様・各種団体様などご予算が決まっている場合はご希望金額をお知らせください。

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

手紙マークをクリックをして下さい

絵本楽語家 福島はるお

ご依頼・お問い合わせ

ネット配信番組での出演で プロフィール紹介です

 


「夢見る小学校」は公立なんです

2024-02-26

画像選択で映画サイトに行きます

 

夢見る小学校 完結編 見てきました

小6だった子供たちは中3年生になりみんな自分を語れる生徒になっていました

印象的だったのは原発施設を見学して、ここが万一の事態になった時は自分たちは

死ぬことになるんだと認識していたことです

それがなぜここに存在して、何のためにあるのかを学んだんではないでしょうか

 

卒業生に向かって先生(大人)が「君たちはどの会社でもちゃんと受け入れてくれる」

との言葉が象徴的でした、卒業生のその後が気になるところですが

高校進学はそれなり、またはそれ以上の進学校に合格している生徒が

多くいるとの話を聞きました、時間割のない小中学時代を過ごし数値入り通知表

もなくて進学はどうするのか、と一般の人は思う事になりますが、必ずも

現在の教育システムだけが学力がつくわけではないとの事ですね

 

この映画を知った時最初に思ったのは

「私立」だからこんな学校が出来るんだね、と思ったのですが

「公立」だったのです、公立でも校長権限で通知表はなくせるとの事

授業内容も柔軟に出来るようです

 

つまりどこの地域でも、どんな規模でもやる気になれば夢見る学校

を作れるという事です

完結編の後編で実際にこの映画を見た校長先生が登場して

「自分のポケットマネー」で学校で上映会をしようと思ったらPTAが

一緒にやりたいとなり全校対象の上映会が出来たとの事

 

その学校ではまず評価点方式の通知表を廃止して、父母の希望制で

評価点方式の通知表とそれがない通知表の選択制にしたさそうです

宿題も極力減らすとのことで、夢見る小学校の一歩を進んだようです

 

ぜひこの映画を児童がいる父母の皆さんに見て欲しいと思います

学校で上映会できたらいいですね

校長先生にお願いしたら良いでしょうか

夢見る小学校にあこがれて夢を見たいです

 


映画 「風よあらしよ」

2024-02-25

画像選択で作品HPに行きます

 

NHKドラマだった作品がこのたび劇場版で公開ということで

出かけようと思ってサイトを見ていたらU-NEXTで有料で見れ

ることがわかり我が家ではU-NEXTに加入しているので今回は

NHKドラマ版を見ました

劇場版はたぶん編集でカットした場面や逆にドラマ版でなかった

場面が入っているかもしれないので別な楽しみがあると思います

 

主人公の伊東野枝がその人生に影響を与えた、平塚らいてうの

元始、女性は太陽であった」という言葉は今初めて知ったが

今聞いてもその言葉には何か感動を与えるちからがあるように

思う

 

100年前にわが命をかけて権力に向かい、食うものにも困る底辺の

人達のことを考えていたことには驚きますが、何が彼女にそんな

行動をさせたのか、それは「知識」なんだと思う

 

置かれた環境にも負けずに学ぶ機会を自らつかみ取る事からして

何かを持っていた人なんでしょうか

人は学ぶことで成長をするし、知らない世界も見ることが出来る

本来の「教育」とはそういうものだと思うが、今の学校教育を

みていると果たしてどうなのかと疑問も感じる

 

28歳で亡くなったとはとても残念に思うし、本人も無念だったと

思う、その意志は100年経った今どこに受け継がれているのだろう


夜中に録音したレコード

2024-02-24

 

40年以上前の音源が出てきた

当時はレコード化していたがその後関係者向けにCDにコピーしたものだ

 

当時珍しかった、そして美味しいと評判のステーキハウス

そのお店のイメージ曲? を作ることになった。経緯は知らないのですが

そのお店の営業時間が終わった後に店内で録音することになりました

駐車場に停めたワンボックスカーの中にミキサー(調整卓)を持ち込んで

録音担当(ミキサー)を務めました

 

今聞いても演奏者の出来は良いですね、録音は深夜から朝方まで続け

一晩で仕上げました

 

この時の事を思い出しましたが、借りた録音機材のオープンリールデッキ

いざ録音作業に入ったらなんとテープが消せないことが発覚しました

テープそのものも余分は用意していなかったのでテイクは何回も出来ません

故障していた機材を事前にチェックできていなかったのです

録音チェックはしていましたが、まさか「消えない」とは想定外です

テープレコーダーは録音する時はまず消去ヘッドがまっさらなテープにして

そのあとの録音再生ヘッドで録音します、この消去ヘッドが不具合を

おこしていたと思われます

 

結果演奏者もミキサーも「やり直し」が聞かない一発勝負状態でした

この事が良かったのか終わってみればまあまあ良く出来たものだと思いました

40年経ってもちゃんと聴けますからね、歌っている人は今も現役? ですよ

 


No1111 五年生に「平和とは?」

2024-02-19

 

画像選択でamazon に行きます

 

地域の小学校 今朝は五年生の担当です

その前に本人画像の話です

スマホの顔修正機能? 噂では知っておりましたがそんなもの自分には不要

などと思っていました

画像アプリを眺めていたらそんな機能が着いていました

 

では少しいじってみましょう、となり効果100%のてんこ盛りにしてみました

おぉーいいじゃないですか、これは使えます。早速プロフ画像にしてみました

でもこれってプロフィールになるのか、いささか疑問が生じます

これをどんどん効果を入れていけばそのうち本人とは見えないくらいに

なるのでは、などと思いましたが しばらく使ってみましょうね

 

そして五年生です

もうすぐ進級で六年生ですね、今年は高学年はあまり担当しなかったので

楽しみにしていました

選んだ絵本は時節ネタで「平和ってどんなこと」です

五年生なりに考える「平和」って何かな~とおもったからです

マイページで

「平和ってなにですか」

「平和ってどんなことですか」

と聞いています

突然聞かれても難しいですが

例えばふくちゃんにそう聞かれたら

 

「こうして五年生と絵本を楽しめる」そのことが平和だと思う

という答えを用意しておき、最後に伝えました

こどもたちだけではなく、みんなで

「平和ってどんなこと?」と考えて欲しいものです

そして自分は何が出来るのか、を考えてみるのもいいかな~と思います

 

 

2022年6月以前の読み聞かせブログは  こちら 

 


No1110 こやす認定こども園

2024-02-13

画像選択で amazon に行きます

 

 

 

二月と言うのにあたたかな日が続いている新潟市です

雪も降りません、このままでいくと暖冬小雪のこの冬となります

車移動の身にとってはうれしいのですが、雪は水になります

山に雪が降らないと夏場の水が心配されますね

 

そんな二月の月一回の認定こども園さんでの絵本らいぶ

今日も年齢別クラスを回って行きます

誕生日会なのでその月の誕生日のこどもさんの保護者さんも参加します

誕生月のこどもは前に出て皆にお祝いしてもらいます

その姿をみつめるお母さんの笑顔が素敵なんです、とても良いお顔を

されて自分子どもを見ていました、つい自分は子どもの方ではなく

お母さんの方を見ていました、良い親子さんですね

 

毎回開始前には子どもたちに

「皆さんは何組さんですか」と聞いているのですが

最近は「この前教えたのになんでまた聞くの」

などとおしかりを受けることになってしまいました

子どもたち、かわいいですね、何回聞いてもわすれちゃうのでごめんなさい

 

毎回思うのですが子どもたちの成長が早いですね

二歳児さんは四月にはまだまだコミニケーションが出来なかったのですが

今やちゃんとコミニケーションがとれます、みんな上手にお話してくれます

画像の「バナナをかぶって」は絵本らいぶを始めた頃

ギターリストしんちゃんに歌ってもらっていました

久しぶりに読んだら歌いたくなりました

 

来月で今年度も終わります、年長さんは一年生になりますね

 

 

2022年6月以前の読み聞かせブログは  こちら