「パパと絵本de子育て参加の会」
代表

絵本楽語家・福島はるおの
公式ブログにようこそ!
絵本講師として絵本講座・
絵本らいぶ・講演会を行っています
お家で毎日親子が絵本を楽しむ方法や、
絵本は子どもだけでなく
大人も楽しむ事ができます

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

絵本楽語家 福島はるお

ご依頼・お問い合わせ

福島はるお活動プロフィール

2022-06-15

絵本楽語家 福島はるお

絵本の楽しさ・必要性・絵本とは、などを伝える仕事をしています。
「パパと絵本de子育て参加の会代表」
この記事が常にトップとなります、最新投稿はこの記事の次から見てください

絵本講師とは

子育てをしている皆さんは「自分の子どもに絵本を読む」事は良い事だと知っています。
しかし現実には日常的に自分の子どもに絵本を読んでいるのは非常に少ない世帯だと言う事があまり知られていません。

なぜ我が子に絵本を読んであげた方が良いのか?
なぜ絵本を読んでいる親御さんが少ないのか?
どんな絵本を、どんな風に読めばいいのか?

実は難しい事ではありません
そんなお話をわかりやすく、楽しく伝えています。

絵本講座は様々な場所で開催いただいております。

スケジュールが合わない
開催地まで行けない

などの人向けにはオンライン絵本講座をおすすめします
30~120分と時間もご希望に合わせられます
zoom・FB・LINE など利用できます

【平成27年3月より4年間「国際こども・福祉カレッジ」にて非常勤講師】
保育士・幼稚園課程の学生さんに絵本授業
市民団体 「にいがた絵本セミナー」代表

保育園・幼稚園・支援センターなど子育てをしている親御さん保育士・幼稚園教諭のみなさん・図書館など主催の絵本講座など多くの絵本に携わる皆さんに向けた絵本講座をしています。
主にこどもを持つ父母に我が子に絵本を読んであげてください、との話を、現場を体験した経験から講演をします。

読み聞かせ活動をしたい人達に、その方法や心がまえなどを講演します。
これから幼児教育に携わる人達に子供にとっての絵本の大切さを講演します。

講演・講座の時間は30~120分間など、相談させていただきます

大人が絵本を楽しむ絵本セラピー®
「絵本セラピスト協会認定・絵本セラピスト

絵本らいぶ

ゼロ歳児から上は上限のない年齢層の人達まで楽しめる絵本らいぶをしています。

◯保育園・小学校・中学校・公民館・デイサービスセンター
◯開放型ステージ・子育て支援センター・各種団体・図書館
◯居酒屋・レストラン・など。

どこでも可能

居酒屋・レストランなどでお酒を飲みながら大人が絵本を楽しむこともできます。

絵本らいぶを見た人からは「絵本はこんなに楽しいものだったのか」と言う感想を多数いただいてます。

絵本らいぶの形式

一人で生声で読みます、保育園の異年齢全員対象の絵本らいぶ
年齢別クラス・マイクを使わない絵本らいぶは保育園などの親子一緒の現場では100人以上でも楽しめます。

特定のグループに分けたクラス・母親・父親向け・高齢者向け・大人向けなど、いろんな形で出来ます。

ピアノ・ギターさんなどを入れた絵本らいぶ

歌付絵本を楽器をいれて読み歌います。
年齢対象は選ばず絵本だけで最大90分間の絵本らいぶが出来ます。

音響装置使用(スピーカー・マイクなどは持ち込み可能)

過去の実績はこちら

絵本講座のチラシは右側の項目「絵本講座チラシダウンロード」からPDFデータがダウンロードできます。

料金について

絵本講座・絵本セミナー講師
   30000円(税別)
公共交通機関使用の場合は往復実費が必要です
高速道路での移動は目的地往復費用実費が必要
———————————————————–

絵本らいぶ

ピアノまたはギターさん付バージョン
40000円(税別) 移動費用は同上
———————————————————–

ふくちゃん一人バージョン

30000円(税別) 移動費用は同上 
———————————————————–

絵本講座 個人版 (ひとりで受講)

10000円(税別)
出張の場合は新潟市以外は同上の移動料金
———————————————————–
行政様・各種団体様などご予算が決まっている場合はご希望金額をお知らせください。

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

絵本楽語家 福島はるお

ご依頼・お問い合わせ


No 1061 湯沢町で30周年記念

2022-10-01

 

新潟県湯沢町にある読み聞かせの会 「虹の会」創立30周年記念イベントで開催してもらいました

五年前にも呼んでもらっていまして今回は二度目の開催となります、ありがとうございます

30年間活動が続いているという事はとても素晴らしく平成の時代ほぼ継続していることとなるんですね

すごいです、読み聞かせ歴17年の自分としては尊敬します、30年と言えばあたりまえですがオギャーと生まれた子どもが結婚して子どもを持つひともいるかもしれませんからね。30年すごいです

会場に着いたら皆さんがなにやら作業しています、何と手作りのすごい看板を作ってくれています、開始前からうれしさ満タンです

こうして開催していただく皆さんはただ呼んでくれるだけでなく、企画してから当日まで様々なご苦労があります、自分も絵本セミナー開催経験があるのでこのへんの苦労は良くわかります

 

最前列に座ってくれた女の子に開始前に声をかけて「今日は君を中心にするよ」などと四歳児に前振りをして60分間何回もコミニケーション? をとり、要するにこの子に助けられて無事終了

終わった後に会の方から「五年前の主役が来ています」と後ろに座っている子を紹介してもらいました、五年前も同じように最前列に座っていた子を中心にしていたようです(笑)

 

無事に60分のステージが終わり帰路の車中ピアノのみきちゃんが何気なく話した言葉

「ふくちゃんの歌の声が出にくい時はメロディーラインを弾いて、出ている時は伴奏音のみ弾く」

え~そうなんだ、ちっとも気がつかずにいました

マスクのせいにしますが、高い声が出ない、伸びないし、最近自覚しています、ワクチン打った頃から呼吸が変かもとも思っていたりします、などと言い訳しますが、元々歌が上手いわけでなく絵本らいぶを始めた時に「主役は絵本」だとのことで、歌は誰でも歌えるように上手く歌わない??などと屁理屈を通して、とは言っても自分では頑張って歌っていました

そんな自分の歌をプロの技でさりげなく支えてくれていたんですね、ありがとうございます。

読んで楽しい・歌って楽しい、そんな絵本で構成する「絵本らいぶ」本日も開催ありがとうございました


令和4年の予定

2022-09-28

9月1日(水) こすもすどりーむ

9月8日(木) 坂井輪小学校4年生

9月9日(金) こやす認定こども園

9月10日(土) みえちゃんコンサート ゲスト

9月15日(木) 坂井輪小学校6年生

9月26日(月) 蒲原食堂

10月1(土) 新潟県湯沢町 絵本らいぶ

10月7日(金) こやす認定こども園

10月13日(木) 坂井輪小学校4年生

10月14日(金) 坂井輪小学校1年生

10月18日(火) 坂井輪小学校6年生

10月30日(日) 刈羽村図書館 絵本講座

12月12日(金) こやす認定こども園

令和5年3月5日(日) 公民館主催 絵本講座

令和5年3月8日(水) こすもすどりーむ

 

********************************

終わりました 皆さんありがとうございました

4月25日(月) 蒲原食堂

4月27日(水) こやす認定こども園

5月14日(土) 田上町地域学習センター

5月27日(金) こやす認定こども園

5月30日(月) 蒲原食堂

6月8日(水) こすもすどりーむ

6月23日(木) こやす認定こども園 夏祭り

6月30日(木) うまこしこやす認定こども園 夏祭り

7月2日(土) ゆいぽーと 絵本講座

7月3日(日) ゆいぽーと 絵本らいぶ

 

7月22日(金) こやす認定こども園
8月19日(金) 中越地域学童クラブ 絵本らいぶ

No 1060 絵本を読む時間は計らない?

2022-09-26

 

蒲原食堂での月に一回のランチで絵本の時間です

聞き終わった後に「あぁーもうちょっと見たかった」と思う時におしまいにするのがプロの技

同行したお知り合いのセリフです

プロの技かどうかわかりませんが、持ち時間を使い切って読むのか時間に余裕をとっておしまいにするのかはその場の雰囲気を見て決めています

基本的にはほとんど持ち時間以内でドンピシャで終わることが多いです

 

良く絵本の読み聞かせをする場合は必ず「読む絵本の時間」を計って読む、言われる皆さんがいると思います、自分はほとんど絵本一冊ごとの読むのにかかる時間は計ったことがありません、これは良い悪いではなく、やり方の問題です。読む時間を計らずに読むとなると持ち時間以内にどう収めるのか、との話になります

 

自分が初めて絵本を読む時からしていることは、ただ絵本を読むだけでなく聞き手とコミニケーションをとっているのです、積極的に聞き手に話しかけています、絵本を読んでいる時にはそうはしません、参加型絵本と言われる絵本を読む時には読んでいる最中に話しかけることはありますが、基本読み始めたら話しかけない場合が多いです

でも絵本と絵本の間には、雑談・世間話と言っていますがあれこれ話しかけています、これを称して最近は面白い命名をしてもらいました

「漫談読み聞かせ」または「読み聞かせのようなもの」との言い方をしてもらってます

いいですねーこれは。漫談読み聞かせというのは初めて自分の読み聞かせを見た人が開口一番に出た言葉です、そうか漫談も出来るのか、とその時は思ったものです

そんな漫談を絵本と絵本の間に入れて持ち時間を調整して時間内に入るようにしています

あ、本気にして「漫談」だけのオファーしないでくださいね

 

小学校で読み聞かせを始めた頃は他のボランティアさんがこの様子を見て

「そうか読みきかせってこうやるんだ」と言ったことがありました。もちろんこれはふくちゃん流の読み聞かせなんですが、今や他のボランティアさんのほとんどが、ただ絵本読むだけでなく子どもたちとコミニケーションをとっているようです、楽しい時間となっているようです

美味しいランチとハーブティーをいただき本日の絵本となり、余韻残して(笑)今日のステージを終えました。


No1059 ズボンの刺繡に気がつかない

2022-09-15

 

地域の小学校 絵本タイム 今日は6年生の担当です

以前低学年は読みやすいが高学年は絵本に反応しないので読みにくい、との声もありましたがあまり気にならなくなったようで他の読み手の皆さんはそれぞれのクラスで読んでいたようです

高学年が苦手な理由として選書問題があります、高学年になるとストーリーが長いものを読まないといけない、と考えますが絵本は「絵」が主役なのでそこにこだわることはあまり必要ではないのです

「ありがとう」谷川俊太郎さんの詩で言葉がとてもシンプルです、ゆえに絵に集中できるかもしれません、詩のちから 伝わったかな

「た」 先週4年生に読んだものです、同じ絵本を歳の違うクラスで読むとどうなるか、これはその違いが出ることがあり面白いですね、「たてまつる」の意味を解説してくれた子がいました。さすが6年生素晴らしい

毎度絵本より着ているものに話題集中するふくちゃんです

今日は笹団子シャツが目立ち、新調したばかりの熊さんの刺繍いりズボンはだれも気がつかないようでした、やはり下は見えにくいのかな?

 


No 1058 玄関入ってすぐ読める

2022-09-09

 

絵本らいぶや絵本講座に出かける際に気をつけていることに

遅刻をしないことがあります

過去のお恥ずかしい話になりますが、17年間の間に完全にその日を忘れてしまい一回は欠席、一回は大幅な遅刻したことがあります。手帳に書き、webに書き予定表に書いても忘れてしまいました。

忘れることってこうなるんだ、などと貴重な経験をしたことにしています

そんなことで車で一時間以上かかる遠方は最低1時間以上早く着くようにしています、準備時間を入れると90分前くらいには会場到着をします

時には予定していた時間より相手様の準備が整えば早く開始することもあります

今日も早め到着をして備えようかなと思って

玄関入ったら「子どもたちの準備ができているのでお願いします」となりました

昔「玄関入って三分でごはん」というCMばりの事態です

しかもいつもの部屋ではなく別の部屋で子どもたちが待機していました

この日は年齢別クラス4つ回るので絵本もクラス別に分けて用意をしてありますので、このクラスはこのかばんの絵本てなことに分けて持ってきています

でも、玄関入ってすぐの部屋なので、多少面食いましたがそこは百戦錬磨(ほんとかな)問題なく始めました

読み聞かせを1000回以上続けていると様々な事が起きます、でもおかげさまで大抵のことに即応できることになりました、これも呼んでくださる皆様の賜物と思っています

しかし、なんとこりやまた、無事に4クラス終わったと思ったらクラスを勘違いしていました

年中さんだと思っていたら年長さんクラスでした、お約束の「怖い絵本」を用意したのに読みませんでした

最初のクラスで間違って絵本を読んだのでこのあともややこしくなります

でも大丈夫、「年齢別絵本」とは言え幅を持った絵本を用意しているので問題なくいけました

でもひとつ。年長さんで読む予定の「おともだちできた?」

(この絵本はNHKTVで怖い絵本という番組で紹介されていました)

を読む予定だったのに読まなかったので、それではと年少クラスで読んでみました、最前列の子どもがとても怖そうな顔をしていたのですが大勢が、興味津々で見てくれました、絵本は年齢なりに子どもたちは見て感じてくれます、このへんは経験での知識となりますね

いゃー現場は面白いです