「パパと絵本de子育て参加の会」
代表

絵本楽語家・福島はるおの
公式ブログにようこそ!
絵本講師として絵本講座・
絵本らいぶ・講演会を行っています
お家で毎日親子が絵本を楽しむ方法や、
絵本は子どもだけでなく
大人も楽しむ事ができます

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

絵本楽語家 福島はるお

ご依頼・お問い合わせ

福島はるお活動プロフィール

2022-06-15

絵本楽語家 福島はるお

絵本の楽しさ・必要性・絵本とは、などを伝える仕事をしています。
「パパと絵本de子育て参加の会代表」
この記事が常にトップとなります、最新投稿はこの記事の次から見てください

絵本講師とは

子育てをしている皆さんは「自分の子どもに絵本を読む」事は良い事だと知っています。
しかし現実には日常的に自分の子どもに絵本を読んでいるのは非常に少ない世帯だと言う事があまり知られていません。

なぜ我が子に絵本を読んであげた方が良いのか?
なぜ絵本を読んでいる親御さんが少ないのか?
どんな絵本を、どんな風に読めばいいのか?

実は難しい事ではありません
そんなお話をわかりやすく、楽しく伝えています。

絵本講座は様々な場所で開催いただいております。

スケジュールが合わない
開催地まで行けない

などの人向けにはオンライン絵本講座をおすすめします
30~120分と時間もご希望に合わせられます
zoom・FB・LINE など利用できます

【平成27年3月より4年間「国際こども・福祉カレッジ」にて非常勤講師】
保育士・幼稚園課程の学生さんに絵本授業
市民団体 「にいがた絵本セミナー」代表

保育園・幼稚園・支援センターなど子育てをしている親御さん保育士・幼稚園教諭のみなさん・図書館など主催の絵本講座など多くの絵本に携わる皆さんに向けた絵本講座をしています。
主にこどもを持つ父母に我が子に絵本を読んであげてください、との話を、現場を体験した経験から講演をします。

読み聞かせ活動をしたい人達に、その方法や心がまえなどを講演します。
これから幼児教育に携わる人達に子供にとっての絵本の大切さを講演します。

講演・講座の時間は30~120分間など、相談させていただきます

大人が絵本を楽しむ絵本セラピー®
「絵本セラピスト協会認定・絵本セラピスト

絵本らいぶ

ゼロ歳児から上は上限のない年齢層の人達まで楽しめる絵本らいぶをしています。

◯保育園・小学校・中学校・公民館・デイサービスセンター
◯開放型ステージ・子育て支援センター・各種団体・図書館
◯居酒屋・レストラン・など。

どこでも可能

居酒屋・レストランなどでお酒を飲みながら大人が絵本を楽しむこともできます。

絵本らいぶを見た人からは「絵本はこんなに楽しいものだったのか」と言う感想を多数いただいてます。

絵本らいぶの形式

一人で生声で読みます、保育園の異年齢全員対象の絵本らいぶ
年齢別クラス・マイクを使わない絵本らいぶは保育園などの親子一緒の現場では100人以上でも楽しめます。

特定のグループに分けたクラス・母親・父親向け・高齢者向け・大人向けなど、いろんな形で出来ます。

ピアノ・ギターさんなどを入れた絵本らいぶ

歌付絵本を楽器をいれて読み歌います。
年齢対象は選ばず絵本だけで最大90分間の絵本らいぶが出来ます。

音響装置使用(スピーカー・マイクなどは持ち込み可能)

過去の実績はこちら

絵本講座のチラシは右側の項目「絵本講座チラシダウンロード」からPDFデータがダウンロードできます。

料金について

絵本講座・絵本セミナー講師
   30000円(税別)
公共交通機関使用の場合は往復実費が必要です
高速道路での移動は目的地往復費用実費が必要
———————————————————–

絵本らいぶ

ピアノまたはギターさん付バージョン
40000円(税別) 移動費用は同上
———————————————————–

ふくちゃん一人バージョン

30000円(税別) 移動費用は同上 
———————————————————–

絵本講座 個人版 (ひとりで受講)

10000円(税別)
出張の場合は新潟市以外は同上の移動料金
———————————————————–
行政様・各種団体様などご予算が決まっている場合はご希望金額をお知らせください。

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

絵本楽語家 福島はるお

ご依頼・お問い合わせ


終わった後はすっきりした講座でした(感想)

2022-12-04

 

 

新潟県刈羽村図書館さん主催の絵本講座でした

開始前に準備を終えたので図書館の担当者さんとしばし絵本談義

あんなことやこんなことなど話は盛り上がり、絵本講座第一部を終えた感じとなりました

開始前に熱く語ったのでテンション上がったまま講座に突入しました

今日は持ち時間一時間なので最初に参加者さんに疑問点をあげてもらい、それにこたえる形で進めました

「いろんな講座に参加したが一番すっきりした講座だった」

とのアンケートもらいました、楽しく、分かりやすい講座を心がけているので、ありがたい感想でした

 

以前とある業界の職員さん向けの絵本講座を担当したことがありました、何人かがが講座会場に入りながらぽつりと「今日も眠むけと格闘だ」などと言っていました、このセリフこの業界では数度出くわしました

きっと勉強会があるたびに、難しい話を聞いているんでしょうね、担当の講座では幸いどの会場も眠たそうな人は見当たりませんでした。なぜなら受講者に時々問いかけて(話しかけて)いるので寝ている場合ではないからでしょうし、難しい話はしませんので

 

今日のテーマは「どんな本をどうやって読むのか」という古くて新しいテーマでした。

答えは「好きな絵本を好きなように読む」のだがそう言われても難しいのでわかりやすく納得できるようにお話をさせていただきました、参加者の皆さんありがとうございました

講座開催感謝で「ありがとうございます」

最後に紹介したらリクエストがあり読みました「おならうた」

 


No 1071 一年生 ハグは恥ずかしい

2022-12-02

地域の小学校一年生への朝学習で絵本です

先日別のクラスの一年生で読んだ絵本をこのクラスでも読んでみました

やはり父母とのハグは恥ずかしいので、もうしないとのことです、ついこの前まではいっぱいしてもらったはずなのに一年生となると恥ずかしいのですね

この絵本は二次需要店でみつけたものです、どういう経緯でこのお店に来たのか知りませんが、使い方はいろいろありそうです。高学年でもいけそうです

 


No 1070 カレーとラーメンどっちが好き?

2022-12-01

 

地域の小学校3年生です

別な絵本を読むつもりだったのですが、いろいろ世間話をしていたら食べ物の話題になったのでこの絵本にしました

出前を頼んだのに反対に料理を作らされてしまいますね~

まさに不思議な出前なんです

ラーメンとカレーがどーんと大きく出ていますみんなにカレーとラーメンどっちが好きか聞いたらカレー派が多かったですよカレーは子どもたちみんな好きなんですねーもちろん大人も好きです、ラーメン同様カレーもこだわりの味がありますよね

最近は絵本読むよりデザインシャツの方が皆さんに注目されます

某流行りの店で買い物して帰ろうとしたらこのシャツが目に入りました、冬ですがお花のデザイン、赤いシャツの上に重ねてみました、いかがでしょうか

 


令和4年の予定

2022-11-30

 

 

12月1日(木) 坂井輪小学校3年生

12月2日(金) 坂井輪小学校1年生

12月4日(日) 刈羽図書館 絵本講座

12月7日(水) 坂井輪小学校5年生

12月12日(金) こやす認定こども園

12月25日(日) イオン新潟西店 絵本らいぶ 11時・13時二回公演

令和5年3月5日(日) 新潟県三条公民館主催 絵本講座

令和5年3月8日(水) こすもすどりーむ

 

********************************

終わりました 皆さんありがとうございました

4月25日(月) 蒲原食堂

4月27日(水) こやす認定こども園

5月14日(土) 田上町地域学習センター

5月27日(金) こやす認定こども園

5月30日(月) 蒲原食堂

6月8日(水) こすもすどりーむ

6月23日(木) こやす認定こども園 夏祭り

6月30日(木) うまこしこやす認定こども園 夏祭り

7月2日(土) ゆいぽーと 絵本講座

7月3日(日) ゆいぽーと 絵本らいぶ

 

7月22日(金) こやす認定こども園
8月19日(金) 中越地域学童クラブ 絵本らいぶ

9月1日(水) こすもすどりーむ

9月8日(木) 坂井輪小学校4年生

9月9日(金) こやす認定こども園

9月10日(土) みえちゃんコンサート ゲスト

 

9月15日(木) 坂井輪小学校6年生

9月26日(月) 蒲原食堂

10月1(土) 新潟県湯沢町 絵本らいぶ

10月7日(金) こやす認定こども園

10月13日(木) 坂井輪小学校4年生

10月14日(金) 坂井輪小学校1年生

10月18日(火) 坂井輪小学校6年生

10月31日(月) 蒲原食堂 絵本らいぶ

11月8日(火) 坂井輪小学校3年生

11月9日(水) 坂井輪小学校1年生

11月28日(月) 蒲原食堂 絵本らいぶ


No1069 いつかきっと

2022-11-29

 

月一回の蒲原食堂での絵本らいぶ。食堂は毎週月曜日営業です

「いつか、きっと」 絵柄がとてもきれいで女の人の大きな顔が描かれているページがとても印象的だったので買ったものです

ページごとに意味深そうな構成です、何度も読みたくなりますね

参加者さんのFBでは「ハートフルな絵本」と紹介していただきました。うれしい表現です

10日間の自粛生活を終えたところなので周りの人の少しの心遣いが身に染みてうれしかったです

そんな皆さんには「ありがとうございます」を届けたく自分には「だいじょうぶだいじょうぶ」と毎日言葉をかけていました。日常って何気ないのですが失って初めて気づきます

おかげさまで今はコロナ感染の「語り部」(笑)となっています。人生いろんなことがありますよね