「パパと絵本de子育て参加の会」
代表

絵本楽語家・福島はるおの
公式ブログにようこそ!
絵本講師として絵本講座・
絵本らいぶ・講演会を行っています
お家で毎日親子が絵本を楽しむ方法や、
絵本は子どもだけでなく
大人も楽しむ事ができます

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

絵本楽語家 福島はるお

ご依頼・お問い合わせ

福島はるお活動プロフィール

2022-06-15

絵本楽語家 福島はるお

絵本の楽しさ・必要性・絵本とは、などを伝える仕事をしています。
「パパと絵本de子育て参加の会代表」
この記事が常にトップとなります、最新投稿はこの記事の次から見てください

絵本講師とは

子育てをしている皆さんは「自分の子どもに絵本を読む」事は良い事だと知っています。
しかし現実には日常的に自分の子どもに絵本を読んでいるのは非常に少ない世帯だと言う事があまり知られていません。

なぜ我が子に絵本を読んであげた方が良いのか?
なぜ絵本を読んでいる親御さんが少ないのか?
どんな絵本を、どんな風に読めばいいのか?

実は難しい事ではありません
そんなお話をわかりやすく、楽しく伝えています。

絵本講座は様々な場所で開催いただいております。

スケジュールが合わない
開催地まで行けない

などの人向けにはオンライン絵本講座をおすすめします
30~120分と時間もご希望に合わせられます
zoom・FB・LINE など利用できます

【平成27年3月より4年間「国際こども・福祉カレッジ」にて非常勤講師】
保育士・幼稚園課程の学生さんに絵本授業
市民団体 「にいがた絵本セミナー」代表

保育園・幼稚園・支援センターなど子育てをしている親御さん保育士・幼稚園教諭のみなさん・図書館など主催の絵本講座など多くの絵本に携わる皆さんに向けた絵本講座をしています。
主にこどもを持つ父母に我が子に絵本を読んであげてください、との話を、現場を体験した経験から講演をします。

読み聞かせ活動をしたい人達に、その方法や心がまえなどを講演します。
これから幼児教育に携わる人達に子供にとっての絵本の大切さを講演します。

講演・講座の時間は30~120分間など、相談させていただきます

大人が絵本を楽しむ絵本セラピー®
「絵本セラピスト協会認定・絵本セラピスト

絵本らいぶ

ゼロ歳児から上は上限のない年齢層の人達まで楽しめる絵本らいぶをしています。

◯保育園・小学校・中学校・公民館・デイサービスセンター
◯開放型ステージ・子育て支援センター・各種団体・図書館
◯居酒屋・レストラン・など。

どこでも可能

居酒屋・レストランなどでお酒を飲みながら大人が絵本を楽しむこともできます。

絵本らいぶを見た人からは「絵本はこんなに楽しいものだったのか」と言う感想を多数いただいてます。

絵本らいぶの形式

一人で生声で読みます、保育園の異年齢全員対象の絵本らいぶ
年齢別クラス・マイクを使わない絵本らいぶは保育園などの親子一緒の現場では100人以上でも楽しめます。

特定のグループに分けたクラス・母親・父親向け・高齢者向け・大人向けなど、いろんな形で出来ます。

ピアノ・ギターさんなどを入れた絵本らいぶ

歌付絵本を楽器をいれて読み歌います。
年齢対象は選ばず絵本だけで最大90分間の絵本らいぶが出来ます。

音響装置使用(スピーカー・マイクなどは持ち込み可能)

過去の実績はこちら

絵本講座のチラシは右側の項目「絵本講座チラシダウンロード」からPDFデータがダウンロードできます。

料金について

絵本講座・絵本セミナー講師
   30000円(税別)
公共交通機関使用の場合は往復実費が必要です
高速道路での移動は目的地往復費用実費が必要
———————————————————–

絵本らいぶ

ピアノまたはギターさん付バージョン
40000円(税別) 移動費用は同上
———————————————————–

ふくちゃん一人バージョン

30000円(税別) 移動費用は同上 
———————————————————–

絵本講座 個人版 (ひとりで受講)

10000円(税別)
出張の場合は新潟市以外は同上の移動料金
———————————————————–
行政様・各種団体様などご予算が決まっている場合はご希望金額をお知らせください。

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

絵本楽語家 福島はるお

ご依頼・お問い合わせ


R5年 2024年の予定

2023-01-22

画像選択でamazonに行きます

1月17日(火) 坂井輪小学校 3年生

1月18日(水) 坂井輪小学校 2年生

1月20日(金) こやす認定こども園

2月17日(金) こやす認定こども園

2月22日(水) かりわ保育園

3月2日(木) 刈羽村子育て支援センター

3月5日(日) 新潟県三条公民館主催 絵本講座

3月8日(水) こすもすどりーむ

3月29日(水) 刈羽小学童3/4年生絵本らいぶ

5月13日(土) 公民館主催絵本イベント

 


No 1077 すごい成長の二歳児さんクラス

2023-01-20

 

画像選択でamazon に行きます

月に一回の保育園の絵本らいぶです

2~5才児組まで四クラスを回ります

読んだ絵本は画像上から五歳児から小さいクラスのものです

月に一回同じクラスで絵本を読んでいると子どもたちの成長を目の当たりに見ることができます

今回は二歳児さんクラス、一か月会わないと成長著しい雰囲気を実感できます、すごいですね

四月に初めて会ったときはコミニケーションがおぼつかなかったのですが、今月は普通にお話ができました、二歳児さんすごいねー

各クラス持ち時間15分程度ですが、初めに子どもたちからの話を聞きます、みんな自分の話を聞いてほしいのですね、あれこれ話しているのは面白いです、意外な話も出てきますよ、お家とはまたちがう面を見せてくれる子どもたちかもしれません

 

絵本を読まなくても子どもたちと話をしているだけでも楽しい時間です、でもそうもいきません。

絵本を読みに来ているのですね

この世間話の時間次第で読む絵本の冊数も変わります、一冊だけになったり三冊読んだり、このへんは臨戦対応となります

 

毎回書いていますが、子どもたちの成長を見れるのはとてもうれしいです、ありがたいですね


No1076 ねこは宇宙からきた?

2023-01-18

 

昨日に続き地域の小学校、2年生担当です

長いタイトルと不思議な話、屋根の上で星を見る猫、ミステリアスな絵本です

猫を一か月だけ飼ったことがありました、一人? 物思いにふけるようにじっと一点を見つめるようなしぐさをしていることは見たことがありました

この絵本面白かったのは猫たちがカップラーメンをたべているシーンです、猫舌ではないのでしょうか

捨て猫にするなんてけしからん、などとは言わないで楽しんでくださいね

 


No1075 ふとんのお話ですよ

2023-01-17

 

 

今年最初の地域の小学校、3年生です

ボランティア室にはミニ門松がありました、皆さん今年もよろしくお願いします

とご挨拶を終えてそれぞれの担当教室に行きます

 

最初の挨拶で「ふくちゃんに会ったことある人は?」との問いに数人が手を上げてくれました

保育園に絵本を読みに行ったときに在園児だったんですね、5年以上経っているのですが覚えてくれていました、うれしい再会です

そんな話の後に三年生って布団なのかベッドなのか聞いてみました、なるほどパターンは色々ですな~

「せんべいふとん」は知りませんよね

と前振りをしていざ絵本です

うみのふとん、不思議なお話です、つっこみどころ満載ですが読んだ後はいい夢見れそうですね

 

 


母の待つ里

2023-01-05

 

「ぽっぽや」以来浅田次郎の作品が好きになり読んでいる

本作はタイトルからして興味がわく、故郷には父母がいるから帰る、言えば父ではなく母に待っていてほしいと思う、そしてあれこれ世話を焼いてもらうのだ、それが母の待つ里だと思う

何とも不思議な故郷に帰ることになる三人の主人公、それぞれの「母親」観で母との時間をすごすことになる、その時間がストーリーをつないでいく。

読んでいく読者は大抵が思わずにいられないと思う、そう自分の母との時間を

 

罰当たりなことに自分の母親が亡くなったのは何年前だったのか覚えていない

自分が生まれた三か月後に父親は病死している、それだけでも母親の苦労は偲ばれるが自分を含めて八人の子どもを育て、農家の田畑を維持していくことの苦労は当然子どもだった自分は知りえなかった

農業に明け暮れていた母は子育てにはあまり得意ではなかったと、上の兄弟たちは言っていた

そのせいか、母親と何か親子らしいことをしてたと言う記憶があまりない、当時は小学校の運動会は家族そろって我が子の応援に来て、お昼はグランドで全校児童が家族単位でお弁当を食べていた

たぶん大抵の家族は父母がそろってきたはずだが、自分は母と二人だけで食べた覚えがあるが、何年生の時だったかは覚えていない

母との時間で記憶に残っているのがもうひとつ

幼少の頃一緒の布団に入って眠るまで昔話をいつも聞いていた気がする、今になって思うのは母はそんな昔話をいつどこで覚えたのだろう、たぶん自分も母親に布団の中で聞いていたのではと思う、すると何十年間も覚えていたことになる、それを自分に語ってくれていたのだ

 

残念ながら大きな記憶はそれだけかもしれない、もちろんただ忘れているだけだと思うが

仕事に就き夜間高校に通った頃はすでに家を出ていて母親との時間はほとんどなくなった、たまに帰った時には親子らしい会話になることはなかった気がする、今思うと親子関係だけでなく歳が離れていることもあり兄弟という関係も自分はものすごく薄かったような気もしている

 

ただ言えるのは「母親孝行」などと言うのは全くしていなかったことだと今更に思う、こればかりはどうやって記憶をさかのぼっても思い出せない、いや母親に褒められたことさえ思い出せないのだから孝行するなどという感情は持てなかったかもしれない、言い訳だが

 

母の待つ里を読み終え、再度目を通しながらわが身と主人公を置き換えて自分をその里に置いてみた